鯛めしと鯛なし ( 修正・俳句付記 )

第52回 旅のおよし イン四国 その1

     2019年12月29日 ( 日 )


『 ほっこり雲海ほっこり師走  およし 』

『 鯛を忘れた鯛めしで年を忘れよとか  およし 』

12.29.JPG



札幌から飛行機で2時間半。

ついにやって来ました、愛媛県松山空港。

札幌から四国への直行便は、ここ松山空港にしかないんですよ。

さあ、四国の美味しいものをいっぱいいただきましょう。

まずは、愛媛県と言えば 「 鯛めし 」。

今日は、美味しい鯛めしをいただきます。

話によると、愛媛の鯛めしには2種類あるのだとか。

一つは、松山鯛めし。

もう一つは、宇和島鯛めし。

下調べでは、松山鯛めしを 「 秋嘉 ( あか ) 」さん、宇和島鯛めしを 「 丸水 ( がんすい ) 」さんでいただく予定だったのですが、タクシーの運転手さんによると、歩くらしいので、予定変更。

運転手さんに紹介されて「 銀次郎 」さんというお店にやって来ました。

ここでは、松山鯛めしも宇和島鯛めしも味わえるとのこと。

思いっきり期待しました。

まずはお酒。

銀次郎というお店の名前が入ったお酒を頼みました。

DSC_0791.JPG

およし:トロリとして美味しいよ。

お刺身を頼みました。

出てきたお刺身はプリップリの新鮮。

DSC_0000_BURST20191229191645552.JPG

しかし、お醤油でつまづきました。

お醤油には、辛口と甘口がありました。

お皿に注いでみると、どちらも濃口。

およし:お刺身には、うちの醤油の方がいい。

むすこ:郷に入っては、だな。

およし:郷に入っても、ダメなものはダメ。

およし:これから1週間、このお醤油で食べるんだよ。

西日本と東日本の文化の違いなのでしょうか。

サザエのつぼ焼きを頼みました。

DSC_0792.JPG

およし:つぶ焼きの方がいい。

う~ん、少し乾いていたかな?

さあ、お待ちかねの鯛めしです。

まずは、宇和島鯛めしが出てきました

DSC_0001_BURST20191229192720653.JPG

鯛のお刺身をご飯にのせて、出汁で といた生卵をかけて薬味をのせていただきます。

DSC_0797.JPG

およし:・・・。

「 無言 」 は美味しいときのサインです。

最後に、松山鯛めしがでてきました。

これは、鯛をふんだんに使った釜飯のはず。

DSC_0798.JPG

ふたを開けても、鯛がいません。

かき混ぜてみても、鯛は見当たりません。

お店の人を呼んで、聞いてみました。

従業員:鯛を乗せるのを忘れたみたいです。

え?

そんな事ってあるものなの?

その後、お茶碗にお情け程度の鯛が乗ったご飯を持ってきましたが、鯛めしの権威は地に落ちたり。

DSC_0800.JPG

結果的に、鯛めしのお金は取りませんでした。

むすこ:明日、もう一度食べ直すかい?

およし:宇和島鯛めしが美味しかったから、もういいよ。

やっぱり、計画通りにすればよかったなあ。


人気ブログランキングに参加しています。

順位が上がると励みになります。

よろしければ、ポチっと一票お願いします。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村へ

上のバナーをクリックしていただくと

ランキングのポイントが入ります。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント